2018年6月24日(日)11時10分 決勝スタート
ワールドカップサッカー 日本 対 セネガル 午前0時キックオフ

目が離せないスポーツイベントが、重なってしまいました。
2画面で、サッカーを小さくして前半を見ることになりました。

■28年ぶりのポールリカール
最後にポールポジションを取ったのが、28年前のフェラーリ、ナイジェル・マンセル。
陽光輝く、ポールリカールから陰湿なマニクールに移ったのが、1991年。当時のリジェの政治力によるものだったと思います。
フランスGPも無くなって10年。

2018年の決勝は、雨も心配されましたが、ドライで行われました。
コース幅も広く、追い抜きもしやすい。つまらないところに、シケインができていましたが、すばらしいサーキットです。

当時は、レイトンハウスがここではやたら速い印象がありました。アドリアン・ニューウェイの空力理論が、スムーズな路面で発揮されやすかったとのことでしたが、時は過ぎても、アドリアン・ニューウェイの手がかかっている車が早かったのは驚きです。

トップ争いについては、このところ同様で面白いものはありませんでした。
2位以下については、クラッシュあり、追い抜きありと、最近のレースの中では面白いものでした。
特に、ベッテル、ライコネンのフェラーリ勢は魅せてくれました。

NoドライバーチームLapsGapピット
144ルイス ハミルトンMercedes531:30:11.3851
233マックス フェルスタッペンRed Bull537.0901
37キミ ライコネンFerrari5325.8881
43ダニエル リカルドRed Bull5334.7361
55セバスチャン ベッテルFerrari531’01.9352
620ケビン マグヌッセンHaas531’19.3641
777バルテリ ボッタスMercedes531’20.6322
855カルロス サインツ Jr.Renault531’27.1841
927ニコ ヒュルケンベルグRenault531’31.9891
1016シャルル ルクレールSauber531’33.8731
118ロマン グロージャンHaas521 lap1
122ストフェル バンドーンMcLaren521 lap1
139マーカス エリクソンSauber521 lap1
1428ブレンドン ハートレーToro Rosso521 lap1
1535セルゲイ シロトキンWilliams521 lap1
1614フェルナンド アロンソMcLaren503 laps3
dnf18ランス ストロールWilliams485 laps1
dnf11セルジオ ペレスForce India2726 laps1
dnf31エステバン オコンForce India
dnf10ピエール ガスリーToro Rosso

それにしても、マクラーレンとウィリアムズは元気がありません。