2021年8月1日(日) F1グランプリ 第11戦 ハンガリーGP 決勝

次のベルギーGPは8月31日(日)決勝ですから、この後3週は夏休みになります。
ハンガリーGPは、スタート前に降った雨の影響で、荒れる展開でした。
ボッタス(メルセデス)のクラッシュ、巻き込まれたドライバー。赤旗からの再スタート後のハミルトン以外のピットインタイヤ交換。様々なことが短時間に起こりました。

角田選手が4位に上がったときは、これはすごいことになるかもと思いましたが、ラティフィ(ウィリアムズ)に手こずり、少しずつ順位を落としました。レース自体で光るところは無かったかもしれません。ベッテルの失格もあり、6位入賞で結果を残しました。

アロンソ(アルピーヌ)はハミルトンを抑える見せ場を作りました。その甲斐あって、オコン(アルピーヌ)の初優勝にもなりました。唯一のルノーのパワーユニットで、優勝はすばらしいと思います。

■ハンガリーGPでの思い出として

1992年のチャンピオンシップで、マンセルがこのハンガリー(11戦目)でさっさとチャンピオンを決めたことも思い出します。少し、1コーナーのレイアウトが変わっていますが、当時から抜きにくいサーキット。マンセルは、勝つ必要は無く、2位でチャンピオン決定、セナ(マクラーレン・ホンダ)とホンダの走りで優勝しています。

1990年に優勝した、ティエリー・ブーツェンは、抜きにくいコースを利用して、終始等間隔のレースを展開、特に波乱も無く優勝しています。ブーツェンは勝ってもつまらないレーサーと言われます。退屈なレースを優勝して、祝福を受けられるとピットに戻ったら、片付けてみんな帰っていたというエピソードもあります。

過去のF1記事

レース結果

Pos.No.DriverTeamTime/GapLaps
131E.オコンアルピーヌ2h04’43.19970
DQ5S.ベッテルアストンマーティン0’01.85970
244L.ハミルトンメルセデス0’02.73670
355C.サインツJr.フェラーリ0’15.01870
414F.アロンソアルピーヌ0’15.65170
510P.ガスリーアルファタウリ・ホンダ1’03.61470
622角田裕毅アルファタウリ・ホンダ1’15.80370
76N.ラティフィウイリアムズ1’17.91070
863G.ラッセルウイリアムズ1’19.09470
933M.フェルスタッペンレッドブル・ホンダ1’20.24470
107K.ライコネンアルファロメオ1Laps69
113D.リカルドマクラーレン1Laps69
1247M.シューマッハーハース1Laps69
1399A.ジョビナッツィアルファロメオ1Laps69
NC9N.マゼピンハースDNF3
NC4L.ノリスマクラーレンDNF2
NC77V.ボッタスメルセデスDNF0
NC11S.ペレスレッドブル・ホンダDNF0
NC16C.ルクレールフェラーリDNF0
NC18L.ストロールアストンマーティンDNF0