指揮者 アンドレ・プレヴィン氏が亡くなりました。

下記は読売新聞より

指揮者、作曲家、ピアニストとして知られる米音楽家のアンドレ・プレヴィン氏(89)が2月28日、ニューヨーク・マンハッタンの自宅で死去した。AP通信などが報じた。

ドイツ生まれで、家族とともにナチスによるユダヤ系の迫害を逃れ、1943年に米国籍を取得。

ピアニストとして頭角を現し、ジャズに深くかかわった。指揮者として世界各地の一流オーケストラを指揮したほか、作曲家としてクラシックから映画音楽まで様々な作品を手がけ、ジャンルを超えた幅広い才能で知られた。(ニューヨーク支局)

N響で指揮をされていたのがつい最近のことなので、89歳とはいえ驚きです。