ベートーヴェン/交響曲全集〈MQA/UHQCD 5枚組〉(2019年10月13日発売)UCCG-40091/5

アンドリス・ネルソンス/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

 

2022年1月に図書館で借りることができました。こんなに良い資料を貸し出してくれる図書館はありがたいです。

購入するとなると日本版は11,000円とちょっと高いか、内容を考えると安いのか。海外版は少し安くBlu-rayオーディオがついているようです。

日本版はCDの工夫があり、レーベルがグリーンです。ただ、本当に赤色を吸収して良い音がでるのかはわかりません。また、UHQCDで高音質になるのかもわかりません。MQAに対応した機器はありません。

しかしながら、新しい録音で、普通に聴いても細部まで聞き取れ、十分音の良いCDだと思います。これは、材質どうこうより演奏と録音が良いからです。

借りたCDは、「Sony Media go」でFLACでパソコンのSSDに保存しています。Media go は公式にはもう配信されていませんが、便利で使いやすく音も良いソフトです。

ベートーヴェンの交響曲全集は、ボリュームがあるためまだ一通り聴いたくらいです。印象が良かったのは、第2番、第8番で、爽やかな演奏に感じました。