どの曲から聴いたら良いのか。

一曲ずつが長く、もし初めて聴くなら、好きになるかどうかわかりません。

最高の演奏と呼ばれているものを、1枚ずつそろえていくのも良いですが、ブルックナーの全体像をつかむためには、全集もおすすめです。

ただ、交響曲9曲、0番なども入れると、CDで、10枚以上になることもあり、そうなると全集も値段が高くなってきます。

その中でおすすめしたいのが、このCDです。

ブルックナー交響曲全集/ロベルト・パーテルノストロ指揮

【タワーレコードの紹介より】

名指揮者ロベルト・パーテルノストロが、ロイトリンゲン・ヴュルテンベルク・フィルハーモニー管弦楽団を指揮したブルックナー:交響曲全集(第0番~第9番)&「テ・デウム」を収録した充実の11枚組。以前、他のレーベルよりCD化されていますが、今回は大幅なプライスダウンによるスーパーバジェットボックスとなっての再登場にて、コレは要チェックです。ロイトリンゲン・ヴュルテンベルク・フィルとは、主にオペラの録音(「カルメン」や「トゥーランドット」)を残してきましたが、ブルックナーといえば、以前、第5番がCDで出ていた位ですので、本ボックス・セットは要注目です。1997~2006年のライヴ録音(デジタル)。

「名指揮者」というほど有名とは思えませんが、10年掛けて作成された大全集であることには間違いありません。

ブルックナー:交響曲第0~9番、テ・デウム
Bruckner: Symphony No. 0 – 9 + Te Deum

CD-1
交響曲第1番[2004年7月10日]
CD-2
交響曲第2番[1997年7月26日]
CD-3
交響曲第3番(1888 / 1889)[1998年7月18日]
CD-4
交響曲第4番(1878 / 1880)[1999年7月17日]
CD-5
交響曲第5番(ハース版)[2001年6月23日]
CD-6
交響曲第6番[2003年7月5日]
CD-7
交響曲第7番[2000年7月15日]
CD-8
交響曲第8番(1890)第1、2楽章
CD-9
交響曲第8番第3、4楽章[2002年7月13日]
CD-10
交響曲第9番(3楽章)[2005年7月23日]
CD-11
テ・デウム[2005年7月23日]
交響曲第0番(1869年)[2006年6月24日]

【演奏】
R.パーテルノストロ(指揮)、ロイトリンゲン・ヴュルテンベルク・フィルハーモニー管弦楽団
Roberto Paternostro
Wuerttemberg Philharmonic, Reutlingen
B. Cramm, M. Walerowicz, M. Schulz, S. Adam

【録音】
1997 – 2006 Live Recordings DDD
Basilika Weingarten

・テ・デウム
・交響曲第0番ニ短調(1869年版)

バルバラ・クラム(ソプラノ)、モニカ・ワレロヴィツ(メゾソプラノ)、マティアス・シュルツ(テノール)、シュテファン・アダム(バス)
シュトゥットガルト・フィルハーモニア合唱団(以上テ・デウム)
ロベルト・パーテルノストロ指揮、ヴュルテンベルク・フィルハーモニー管弦楽団

2005年7月23日(テ・デウム)、2006年6月24日(第0番)、ヴァインガルテン大聖堂での録音

大聖堂での演奏ということもあり、残響も含めて録音されていますが、邪魔になり混濁するというほどでは無く、曲の切れ目で良い感じに残ります。

順番に聴いていくこともないのですが、どれも似たような曲ですが、緩徐楽章の美しさは、ブルックナーならではです。