朝日新聞記事より

旧ソ連ラトビア出身の世界的指揮者、マリス・ヤンソンスさんが11月30日、サンクトペテルブルクの自宅で死去した。76歳だった。首席指揮者を務める独バイエルン放送交響楽団が12月1日、発表した。

1943年生まれで、父は大指揮者のアルビド・ヤンソンス。レニングラード音楽院に学び、カラヤンに師事。70年代にレニングラード・フィルの副指揮者となり、巨匠ムラビンスキーの助手を務めた。ショスタコービチの交響曲演奏でとりわけ高い評価を得た。

76歳というのは、指揮者としては若い。病気で出演を減らしていたということですが残念です。
ディスクを購入して聴くということはなかったのですが、多くのディスクが販売されており、図書館にもショスタコーヴィチを中心にたくさん入っています。

 

父親のアルヴィド・ヤンソンスさんも指揮者で、ベルリオーズ・幻想交響曲をムラヴィンスキー指揮のものと比較できる盤が発売されていました。