■様々な大きさの飛行機プラモデル

飛行機のプラモデル製作は、3つ目になります。

第2次世界大戦の期待ですが、ほぼ組み立ててから塗装する戦車より、部品の細かさや塗り分けなど、難しく感じます。

作成の順序は、最初は、1/32隼Ⅰ(作成時の記事)(ハセガワ)、次は、1/48零戦21型(作成時の記事)(タミヤ)。

どちらも古い型(金型)、だそうで、価格は安いのですが、なかなか組づらい部分もありました。

なお、飛行機の場合、世代によって大きさは異なります。

これは、主観的な物もあると思い増すが、現代機は、1/48でもかなり大きく感じます。1/72でも良いのではないでしょうか。

第2次世界大戦期のものは、1/32だと大きく1/48が丁度良いように感じます。

ただ今回は、1/72の期待に挑戦してみました。モデルアートに今年から連載されたナナニイのコーナーもありますし、手軽に購入することもできます。

今回は、

1/72 BF109-G(タミヤ)1460円(ヨドバシカメラ)

を作成することにしました。

■失敗の連続

先に結論を言ってしまうと、作成には、失敗してしまいました。

車輪とカバーを逆に付けてしまい、また、接着手順を誤ったため、はまらなくなってしまいました。慌てて剥がそうとして、小さな部品が折れてしまいました。

小さい分、部品の取り付けが難しくなります。小さい方が上級者向けかもしれません。ただ、間違えなければ、部品はピタリとはまり、計上は、Bf109としてしっかりしています。

このキットとは関係ないのですが、作っている過程で、また、エアブラシの使い方を理解していないんだなあと思う事もありました。空気だけで、トリガーを引いても何も出てこない。ニードルがしっかりはまっていなかったことが原因ですが、初歩的な事です。さらに、混ぜる塗料をまちがえてしまうこともありました。塗料が糸を引いてしまう(クリアー系と間違えてまぜてしまった)。

などトラブル続きでした。

ただ、こういう失敗をすると、コツもつかめます。今回は、研究開発費ということにして次に移ろうかと思います。