同じ分野で、いくつかの雑誌が発売されているというものは、その市場が活況であるとか、その趣味を持つ人が多いとか悪いことではありません。
過去にはゲーム雑誌などたくさんありましたが、現在は「ファミ通」くらい。F1の雑誌もいくつかありましたが、かろうじて「F1速報」が出ているくらいです。

自動車の場合、「自動車離れ」と言われて久しいのですが、まだまだ、結構自動車雑誌は出ています。昔に比べればだいぶ薄くなりましたが。その中で、私が情報収集したり、乗り換えの際の参考にしたり、暇つぶしに使う雑誌をご紹介します。

1、月刊自家用車(内外出版社 880円)

「新車をいかに安く購入するか」に主眼が置かれています。
この雑誌の良いところは、常に「明るさ」があるところです。新車の情報を寄せてもらうためには、メーカーやディーラーとの協力も不可欠ですから、自然、あまり悪いところはかけなくなるのだと思います。

この本の目玉は、「X氏」のコーナー。黄色いページで、いくつかの車を競合させて、値引きを競い、実際に購入するドキュメントです。毎回読んでいるといくつかのパターンになりますが、面白くて読んでしまいます。「明るく、楽しく、したたかに」ということで、ディーラーとの対決と言うよりは、そのかけひき、家族とのやりとりが面白いところです。

また、国産車を中心に、値引き情報が記載されています。マイナーチェンジやフルモデルチェンジの時期、人気やリセールの状況などもよくわかりますので、とても参考になる雑誌です。
以前はB5版、現在はA4になり大きくなりました。大きいと良いというものでもないかなあと思います。

2、CARトップ(交通タイムズ社 400円)

車に憧れた高校生のころ読んでいました。筑波サーキットでのタイムアタックが主です。ただ、現在の車は、早いかどうかというのが基準では無くなっているので、その点は面白みに欠けます。
さまざまなコーナがあり、長く続いています。メンテナンスなどの情報も豊富です。

3、ザ・マイカー(文友舎)

月刊自家用車と似ていますが、いまひとつ情報が少なめに思います。
あまり「明るさ」がないのかもしれません。国産車限定ですが、全車の情報が載っていますので、購入を検討する場合にはよいのかもしれません。

4、Driver(八重洲出版)

各評論家、ライターが無名の方が多いので、情報が正しいのかどうか難しいところです。
しっかりしたリポートもあります。

5、カーグラフィック(カーグラフィック)

伝統にあぐらを書いた雑誌です。厚く重く高い。中身はたいした記事はありません。
過去の焼き直しも多く、現在の車に魅力が無いのかもしれませんが、クラシカルな記事が多いです。
テストや使用リポートもありますが、非常に薄い内容です。各月で価格表が掲載されたり、古いテストの結果が毎月載っていたり、誰に向けて作っているのかわからない雑誌です。
作られた当初は、もっと気概があったのかもしれませんが、雑誌自体が年を取り過ぎたのかもしれません。

6、モーターマガジン(モーターマガジン社)

ほぼ外国車専用です。カーグラフィックに似ていますが、こちらの方が薄い物の情報量は多いです。
読んでいて、その車に乗りたくなるような。細かい描写も多く楽しい本です。カラーで写真もきれいですが、1,100円とちょっと高いか。