今年は、これまであまり聴いてこなかった指揮者、演奏家を聴いて広げていこうかなと思っています。

今回取り上げるのは、指揮者のスタニスラフ・スクロバチェフスキ。

《本名スタニスワフ・パヴェウ・ステファン・ヤン・セバスティアン・スクロヴァチェフスキ(ポーランド語: Stanisław Paweł Stefan Jan Sebastian Skrowaczewski》

1923年10月3日 – 2017年2月21日(93歳没)

名前が長く、Sが多いことから「ミスターS」と呼ばれます。

晩年まで、元気に指揮をされていたので、亡くなってから2年も経つことが早いように感じます。

指揮者の場合、老成することで、精神性や静謐性がまして大成するということもあるようですが、スクロヴァチェフスキはそういうことも無く、確実で正確に仕事をするタイプだったようです。

レパートリーも広いのですが、よく取り上げられるのは、ブルックナーの交響曲。

ギュンター・ヴァント亡き後のブルックナーの大家の様に、CDの帯にありました。ブルックナーは演奏しきるだけでも結構腕がいるようで、中途半端な指揮者だと最後まで聴かせ切る事ができません。

そういう点では、すごい指揮者なのですが、印象度はやや薄いようです。

ただ近年の演奏と録音設備が整っていることから、音の状態はとても良く、多くの楽器が使われるにしてはわかりやすくCDはおすすめできます。

◇おすすめCD

埼玉県川口市中央図書館にバラで入っていますので、お試しに聴いてみるのも良いかもしれません。

交響曲全集 スクロヴァチェフスキ&ザールブリュッケン放送交響楽団(12CD)
ブルックナー (1824-1896)OC207Oehms

ブルックナー:交響曲全集(CD12枚組)
スクロヴァチェフスキ指揮ザールブリュッケン放送交響楽団
1991~2001年デジタル録音。00番、0番を含む全集。細かな工夫で知られるスクロヴァチェフスキならではの刺激に満ちたアプローチが随所で楽しめる内容です。