■ポールポジションのセバスチャン・ヴェッテル(フェラーリ)、14番手スタートのルイス・ハミルトン(メルセデス)

雨が降るのか降らないのか、降るとしたらいつどのくらい?

今回のドイツGPの見所は、天候、タイヤ(タイミングと回数)でした。ホッケンハイムリンクは、幅が狭く、6コーナー以外では抜きにくいサーキットです。

その上で、トップを争う2人の明暗。ヴェッテルは、ミスとトラブルに気をつけて走れば優勝確実。ハミルトンは集団でのクラッシュに気をつけながら、ポイント差を広げさせない守りのレースになるはずでした。

雨が降っても流れはヴェッテルと思われましたが、まさかのミス、リタイヤ。ノーポイント。1993年のブラジルGPのプロストのリタイヤを思い出してしまいました。
あの時は、ピットとの通信ミスがありましたが、今回は、ドライバーのミス。悔しいところですが、切り替えが大切です。

■ハミルトンはチャンピオンになれるか

チャンピオン争いが競っているときは、運を見方につけることが大切です。まだまだ後半レースが続きますから、ハミルトンが優位ということはないと思います。
昨年はフェラーリがもたついている間に、メルセデスに逆転を許し追いつけなくなっていますから、そのきっかけのGPになる可能性もあります。

■レース結果
144L.ハミルトンメルセデス1h32’29.84567
277V.ボッタスメルセデス4.53567
37K.ライコネンフェラーリ6.73267
433M.フェルスタッペンレッドブル7.65467
527N.ヒュルケンベルグルノー26.60967
68R.グロージャンハース28.87167
711S.ペレスフォース・インディア30.55667
831E.オコンフォース・インディア31.75067
99M.エリクソンザウバー32.36267
1028B.ハートレートロロッソ34.19767
1120K.マグヌッセンハース34.91967
1255C.サインツJr.ルノー43.06967
132S.バンドーンマクラーレン46.61767
1410P.ガスリートロロッソ1Lap66
1516C.ルクレールザウバー1Lap66
1614F.アロンソマクラーレンDNF65
NC18L.ストロールウイリアムズDNF53
NC5S.ベッテルフェラーリDNF51
NC35S.シロトキンウイリアムズDNF51
NC3D.リカルドレッドブルDNF27