平日に新宿のディスクユニオンクラシック館に行ってきました。
新しくなってから3回目と頻度は低いです。

何か良いレコードはないか。管弦楽曲や協奏曲あたりから探します。
セール情報をみると、オレンジ(最新)以外のラベルで、780円以下の物を5枚以上購入で、1枚300円とあります。(オレンジは枚数にはカウント)。ややこしいようですが、仕組みを理解すると、780円以下のオレンジ以外の物を探しました。

私のレコードは、希少性とかこだわりがあるコレクションではないので、大量に出回っているものや外国のものでも、興味をひくものや面白そうなものであればよいので、結構見つかり、厳選して5枚購入してきました。
1枚オレンジのものも購入しました。全部で、2,080円。

レコードを6枚購入すると帰りが重いです。

購入したもののうち3枚(何曲も入っていたり、詳しい情報はまたの機会に)
(1)ラベル ボレロ
輸入盤で、一回り小さいLPです。私のプレーヤーでそのままプレイすると、レコードの外側に針が落ちてしまうため慌てて、合せてかけ直しました。
無名の演奏ですが、くっきりしていて良かったです。

(2)チャイコフスキー 大序曲「1812年」 ロリン・マゼール指揮 ウィーンフィル 1982年
ソニーのこだわりの音質シリーズの様です。当時の説明チラシも入っていました。装丁もしっかりしています。
演奏は、序盤はちょっとぼやけていますが、だんだん調子が出てくるといった感じでした。

(3)ブラームス バイオリン協奏曲 フリッツ・クライスラー演奏
演奏は、モノラルですが良い音です。録音は1929年というのをみてびっくりしました。
歴史的な資料としても貴重です。

盤のコンディションは悪くなく、これが1枚300円と思うと、良い買い物ができました。