12月15日に行われた、アブダビでの「若手」合同テスト。
フェルナンド・アロンソ(39歳)、ロバート・クビサ(36歳)の参加で「若手」というのもどうかと思いますが。

■日本人の参加で注目

しかし、注目は日本人の2人。角田裕毅、佐藤万瑠音(まりの)。
ホンダのバックアップあってこそのテスト実現かもしれませんが、アルファ・タウリからの参戦ががほぼ決まっている、角田選手は全体で120周で5位、佐藤選手も127周、13位と良い結果を残しました。

日曜日に走り終えたばかりのアブダビですから、性能が大きく向上していることはありません。その中でアルファタウリ・ホンダのマシンでのテスト、かなりの実力です。

角田選手には、来年レッドブルに乗ってもらっても良いのではないでしょうか。

佐藤万瑠音については、名前も鈴木亜久里のようで、普通の名字と珍しい名前の組み合わせはF1に合います。この後に続いて欲しいところです。

■ホンダがなんとかならないか

心配なのは、2021年限りでホンダが撤退を表明していることです。もしパワーユニットのレギュレーションが変わらないのなら、ホンダは1年参戦を延長しても良いのではないかと思います。

第〇期という参戦のしかたは、姿勢としてどうかと思いますが、第3期、そして現在の第4期は得るものはあったのでしょうか。撤退発表当初も疑問の声が多く上がり、オートスポーツ誌でも特集されました。

中途半端に参加するなら、もう参加しないで欲しい。そんな言葉もありました。

F1ファンからの意見ですので、コマーシャル的にどうかというのはあるかと思います。ホンダと日本人ドライバーに外国の人気ドライバー、魅力的な中継とピタリとはまった、かつてのF1ブームのように駒が揃ってきました。

■ともかく2020年のF1は終了

2020年のF1は、開幕が大幅に遅れましたが無事に終了しました。アブダビGPで解説の川合さんが、開幕が遅れたことで、メルセデスのパワーユニットの信頼性が上がって有利なったということを言っていました。どんな状況が味方をするかわかりません。圧倒的なメルセデスとハミルトンで退屈なレースが多かったシーズンでした。フェラーリが昨年チャンピオンを少し争ったことも忘れるくらいの体たらくでした。レッドブルはまずまず。ただフェルスタッペンもいつまでもこのままでいるわけにはいかないでしょう。

2021年は、予定通り開催されると、23戦。日曜が52週あるとすると相当な数です。テストや開発に制限がある今のF1は、一度の流れが続いてしまいます。興行的に儲かるからかもしれませんが、多すぎるかなあと。退屈なレースを23戦やるのは勘弁して欲しいところです。

2020年に開催予定だったもののできなかったコースは、PS4のF12020で仮体験できます。ベトナムGPなど最高速がでて面白く、オランダのバンクも本物が走ったらどうなるものか。早く平常の世界に戻って、無事に開催されて欲しいと思います。