もうすぐマイナーチェンジを迎えるランドクルーザープラド。現行型では最後のマイナーチェンジになると言われていますが、マイナーチェンジ前のものに試乗する機会がありましたので感想を記載します。

■意外と大きく感じない

運転席が高いので、「よいこらしょ」と乗り込むのですが、乗ってしまうと以外に車内の天地は高くありません。車が四角い分見切りもよく、補助ミラーの位置で形が把握しやすく思いました。

■ディーゼルの音は大きい

窓を開けていると盛大に鳴ります。なんとなく昔のトラックぽい感じです。しかし、振動は少なく、窓を閉めると違和感はなくなります。

動き出しに重さは感じられず、意識しないと普通の車を運転しているみたいです。

■居住性はよいが、3列目の乗り降りに戸惑う。

中は広く、1、2列目は十分な広さ。3列目も十分な広さですが、高い位置で2列目を倒して乗り込むため、結構いきおいをつけて乗らないといけません。

ミニバンのように使うには不便です。

■総合的に

車格からすると値段は安めの設定ですが、ディーゼルとガソリンの差は約70万円。長く乗るならディーゼルのほうがよいですし、この車に乗る方は、10年スパンくらいで考えてもよいかもしれません。