過去の記事で、アクセス数が多かったものを再掲しています。

エフゲニー・ムラヴィンスキー指揮 絶頂のレニングラードフィル チャイコフスキー交響曲第4番

■初めて購入したレコード

このブログの第1回目は、初めて購入したレコードの紹介をします。
「初めてのレコード」とはいうものの、数年前に購入したものです。
私が中高生のころには、音楽のソフトは、すでにCDやカセットテープになっていました。
レコードは古いメディアとして廃れていった頃です。現在は、アナログの良さやジャケットの大きさなど見直されている部分も多いレコードですが、90年代の売り場は大きく縮小していました。
今回紹介するレコードは、中古で「ディスクユニオン(新宿クラシック館)」で購入しました。(現在、新宿クラシック館は、紀伊國屋書店に移転していますので注意)
LPレコードの良さの一番は、CDと比べジャケットが大きく見栄えがするところです。さらに結構な重さがあるため、「手に入れた」というよろこびは、CDより大きいです。
ジャケット2枚組で開いた内側
このLPの場合、ロシア語での表記と補足的に英語があることから、ロシアからの輸入盤と思われます。悲しげにも見える指揮者ムラヴィンスキーの顔が表紙。2枚組です。

■収録曲について

エフゲニー・ムラヴィンスキー指揮/レンニングラードフィルハーモニー交響楽団
ショスタコーヴィチ/交響曲第15番
チャイコフスキー/交響曲第4番(ステレオ)
ショスタコーヴィチ/交響曲第15番(モノラル)
解説を読み解くと発売は、1982年の様です。
録音は、1972年(チャイコフスキー)、1960年(ショスタコーヴィチ)です。
レーベルはロシア(ソ連)ではおなじみの「メロディヤ」(メロディア等とも)、ディスク番号などは、はっきりしないレコードです。
購入価格は約2,000円でした。この盤は、プレミアがつくようなものではないです。
初めて購入するにしては、定番では無いものになりましたが、ロシアのものは怪しげでちょっとわくわくします。価格も手ごろなので「まあ失敗しても」という気持ちでした。

■聴いてみて

LPレコードは聴いてみないと価値がわかりません。
収録されている、チャイコフスキー/交響曲第4番は絶品です。録音が良いのかアナログで引き立つのかわかりませんが、このレコードでは、迫力と「魂」のようなものが感じられ、心を揺さぶられます。
「ユニバーサルミュージック」レーベルで発売されているものが有名で、元は同じなのか違うものかもはっきりしませんが、録音自体は、こちらの方が気合が入っているように聞こえます。
指揮者のエフゲニー・ムラヴィンスキーについては、「生演奏とCD録音の違いが大きい」「録音ではとらえきれない演奏」と評されています。おそらくこのレコードでも、生演奏の数分の1程度しか感じられないのかもしれません。
指揮者は、1988年に亡くなっているため、生演奏を聞くことはできません。そればかりは残念ですが、世代が違うとしかたがありまえん。
レコード自体の音質については、なぜか、「チリチリ」音がつきまといます。ロシア製(ソ連製)の材料によるもので、混ぜてある素材に原因があるようです。
最初は気になります。聴き進めていけば、チャイコフスキーとムラヴィンスキー/レニングラードフィルの奏でる迫力と繊細さが同居する魅力が直に感じることができるのです。
ちなみに、私は、レコードというのは結構「雑音」がするものだとこのLPを聴いて思いましたが、ほとんどはそんなに雑音(特にチリチリ音はしません。)
メロディアロゴ
なお、音源は、CDでも発売されているものと同様と思いますが、手元にはありません。
LPレコードのスタートの1枚です。
レコードとCDの違いについては、それぞれ良いところと苦手な部分ながあります。
レコードは、再生の音量を大きくしてもうるさく感じにくいのですが、実際は、CDの方が大きい音でも収録し、再生できます。
私の再生システムでは、良い音で、録音の限界まで再生することは難しいのですが、レコードの方が良いと感じることも多くあるのです。
■入手・いろいろ試してみたい
ディスクユニオン新宿クラシック館は、珍しいもの(特に輸入盤)も多くあり、仕入れの時期により、値引きが多くなるので、結構安く購入できます。レコードは傷のつきやすさなど管理に不便なところもあり、コンディションにも差がありますが、宝探しのようにお店を見ています。

■(追記)今の視点

最近は新譜でLPも発売されるようになりました。プレイヤーも安価なものから高級品まで出そろい、一時期の停滞が嘘のようです。
出荷数の問題か、LPの新譜は値段が高く手を出しにくい点があります。中古はコレクターが多かったのか都心部であれば、どんどん新たなものが仕入れられてきます。