「ヤマハ・ガラ・コンサート 2017 Bunkamura オーチャードホール」 に行ってきました。

「Bunkamura オーチャードホール」には、初めて行きました。
大みそかの、12時ちょうど(年明けに合わせて)曲をぴたりと終わらせる、コンサートがありますが(テレビ東京)、「ここでやってるのか」なんて思いながら、久しぶりのコンサートを楽しみました。

司会は、久保純子さん(元NHKアナウンサー)、オーケストラは、新日本フィル交響楽団、指揮は園田隆一郎さんでした。

第1部は、15歳以下を中心とした、各ヤマハのコンクールの入賞者による、エレクトーンやピアノなどの演奏。

第2部は、作曲家 村松崇継さんのピアノとオーケストラの共演を中心に行われました。
村松氏は「思い出のマーニー」の音楽、そして、7月8日公開の映画「メアリと魔女の花」の音楽も手掛けています。映画公開前とのことで、演奏された「メアリのテーマ」は、本邦初公開(オーケストラとの演奏ということで)ということでした。

珍しいもので、サンサーンス作曲「ピアノ協奏曲第2番 ト短調」の演奏もありました。

個々の演奏はとてもすばらしく、演奏者の方の将来性もあるので楽しみです。
また、オーケストラはやっぱり本物の楽器音のすばらしさを伝えてくれます。
エレクトーンのすごさを感じつつ、楽器演奏だからこその味もあるのだなあ。と比較しながら、楽しみました。

この模様は、7月30日13:00~BS朝日で放送されるとのことです。